2009年07月14日

フェリー存続の危機 〜高速1,000円の煽り

今日はいつもと違い、

少しシリアスタッチなお話になるかもしれません。あせあせ(飛び散る汗)


これは前から気になってたニュース。


それが今日、Yahoo!のトピックスに載っていた。


存続危機のフェリー業界 高速道路料金割引が影響

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090714-00000518-san-bus_all

 土・日、祝日に「マイカー1000円乗り放題」となる高速道路料金割引で、利用客を奪われたフェリー会社が「バランスを欠く政策」と反発の声を上げている。高速値下げの影響で、関西発着のフェリー8社の利用者は前年比2割減、7月の予約状況も同3割減となり、関係者は「競争原理が働かないレベルだ」と強調。政府の景気浮揚策による陸路への一方的な“テコ入れ”で、海路が存続の危機にさらされている。
(中略)
 政府・与党にフェリー支援を求めたところ、与党幹部は「しまった。海運があったな」と漏らしたといい、米田社長は「拙速な景気対策だったことは明らかだ」と憤る。
 昨年は、燃料費高騰での運賃値上げと世界的な景気後退による貨物の減少というダブルパンチ。「1000円乗り放題」は致命的な追い打ちとなった。
(中略)
 フェリーは環境負荷の低い貨物輸送「モーダルシフト」の担い手。災害時の陸路の代替輸送機関にもなる。だが、1隻70〜80億円の巨額投資が伴い、一度撤退すれば復活は難しい。
 四国開発フェリー(愛媛県)の瀬野恵三副社長は、こう嘆く。
 「石炭が石油に淘汰(とうた)された構図と同じなら納得できる。だが、税金を投入された不公平な競争で負けるのは我慢ならない

(以上産経新聞より引用)


全くもってフェリー業界の方々には同情します。


なぜこんな景気対策が当たり前のように行われたのでしょうか。


こんなことになることは素人の私にでも想像がつきます。

(特に私はフェリーでの旅が好きなのでなおさらなのかも知れませんが…)


「高速を1000円にしたら国民はみんな外出する」


その論理は分からないでもありません。


でもそれで

「高速道路が正常に機能しなくなるかもしれない」

という予想はしなかったんでしょうか。


また、温暖化防止やエコの観点から

「みんなが車を使うようになり、フェリーや鉄道などの

地球に優しい交通機関を敬遠する結果にならないか」

という考えはなかったんでしょうか。。。


いや、お偉い方々なんで

「そんなこと気付かなかった。。。」

ということは絶対にないでしょう。。。


そういうことより、

高速道路を1,000円にすることによって

『そのお偉い方々が』都合のいいことがあっただけ。


私はそんな風に感じています。  続きを読む
posted by 堺本部長 at 19:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 怒れる情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


人気ブログランキングへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。