2009年07月21日

京阪にきかんしゃトーマス号登場 〜偶然見つけました

今回の3連休は久々にカレンダー通り仕事を休むことが出来ました。手(チョキ)


だからといってどこかに旅行に行く予定もなかったのですが、

子どもたちはこの日から夏休みのため

どこかへ連れて行ってもらえるのかとワクワクしております。。。


そんな中、初日の土曜日は、枚方に行くことになりました。


と言うのも、5才のお姉ちゃんが幼稚園で書いた絵画がコンクールで選ばれて

枚方にある会館に展示されているというので、せっかくなのでそれを見に行くことになったのです。


お姉ちゃんは自分の描いた絵が展示されているのを見に行くということで、超上機嫌わーい(嬉しい顔)


4才の弟君(電車好き)は、京阪特急に乗れるというので、これまた超上機嫌わーい(嬉しい顔)


ということで、行ってきましたダッシュ(走り出すさま)


南海バスと南海電車、それに地下鉄御堂筋線に乗って淀屋橋へ電車


京阪特急はかなり久しぶりですが、

京都の大学に毎日通っていた私は当時は4年間、ほぼ毎日乗っていました。。。


京阪特急は特急券なしで乗れるお得な電車。


しかも、8両編成中、真ん中の1両はなんと2階建て車両なのです!!


当然息子が目指すは2階建て車両の2階席ぴかぴか(新しい)


ボックス席がGET出来ました。


私が通学に使っていた頃は京橋を出ると京都までノンストップだったのですが

今では途中駅にも停まるようになったので、枚方市駅まで、約20分の乗車です。


あっという間に枚方市駅に着き、目的地は次の駅の「御殿山」なので

隣に停まっていた準急に乗り換えようとしたところ、

妙に駅が騒がしいので「何だろう・・・」と思っていたら、

我々が乗ってきた特急の後に臨時特急が到着するとのこと。


そしてその「臨時特急」とは、「きかんしゃトーマス」の塗装がされた

通称「きかんしゃトーマス号」だというのですexclamation×2

hirakatanothomas_mae.jpg


実はうちの息子、きかんしゃトーマスが大好きなんですぴかぴか(新しい)


トーマスの仲間の機関車の名前もほとんど言えます。


字はまだろくに読めないくせに。。。


大興奮しながらトーマス電車を眺めてました。

hirakatanothomas_sokumen.jpg


そして駅のホームにはうちの息子同様、羨望の眼差しで見つめる子どもたちも多数。。。

hirakatanothomas_to_hitotachi.jpg


車内にも同じぐらいの年の子どもたちがたくさん乗っていましたが、座席にはまだ空席があるほど。


普通の特急として運転されているらしく誰でも乗れるようですが、

2分前に(我々が乗ってきた)特急が走っているので一般の乗客はほとんど乗っていない様子。


そしてわずかな停車時間ののち、臨時特急三条行きトーマス号は京都へ向けて走り去りました。

hirakatanothomas_ushiro.jpg


トーマス号の発車と共に、枚方市駅は普通の空気に戻り、我々も準急電車に乗って御殿山へ向かいます電車


御殿山はすぐに着き、急カーブにある、ホームと電車の隙間が大きく、電車がかなり傾いた状態で停まる駅でした。

gotenyamanokeihan.jpg


御殿山駅から旧国道を線路沿いに歩きます。


この日はかなり暑かったのですが、息子は自分達が歩いて行く道を走り抜ける電車に大喜びぴかぴか(新しい)

michibatadetokkyu.jpg


そうこうしているうちに目的地に到着。

bunkacenter.jpg


なぜか分かりませんがみんなが入口の看板で写真を撮っているのでお姉ちゃんも記念撮影カメラ

kanban.jpg


中に入ると大阪府下の幼稚園や絵画教室、そして一部の小中学校から応募された絵の中から

入選した絵の数々が展示されていました。

kaijounai.jpg


たくさんの絵の中から娘が自分の絵を見つけ出し、『かなり』自慢げに教えてくれました。

e.jpg


題名は「あの山までもう少し」だそうです。


我が子の絵なんですが、なぜこの絵が選ばれたのかいまいち分かりませんあせあせ(飛び散る汗)


他に展示されている絵は

幼稚園児が描いたとは思えないぐらい素晴らしい作品がいっぱいありました。


大人のように“条件付け”されていない子どもの絵は

いろんな色で表現されていてとても楽しかったです。


いやぁ、勉強になったー(長音記号2)


一通り見終え、またまた御殿山駅へダッシュ(走り出すさま)


途中の道で、またまたトーマス号に出会いました。

michibatadethomas.jpg


「結構走ってるのか・・・」と思いながら駅に着いて貼り紙を見ると、

トーマス号は1編成だけで、初登場のこの日は記念の臨時列車として1往復だけ

中之島・三条間を走ったようです。(中之島発だから淀屋橋では見かけなかったのか・・・)


ということは、たった1往復の電車をたまたま行きも帰りも見たということのようです。


「これはラッキーだ手(チョキ)」と思いながら帰ろうとすると、

トーマス号は本日に限り、1往復の運転を終えたら中之島駅で特別展示会をするとのこと。


「もう見たからいいだろう」と一瞬は思いましたが、

「乗りたかった・・・」と少しへこんでいる息子のため中之島駅を目指すことにしましたたらーっ(汗)


私も中之島線は開業後まだ乗ったことがなかったので行ってみたかったですし。。。あせあせ(飛び散る汗)  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「お姉ちゃんの絵を見に行く」という当初の目的から

いつの間にかメインイベントが変わってしまった。


でもお姉ちゃんは、帰りにご褒美を買ってあげる約束をしていたので

テンションは下がることなく上がりっぱなしグッド(上向き矢印)


御殿山から今度は区間急行に乗車。

kukankyuukou.jpg


次の枚方市駅からは特急が先発するというので

またまた2階建て車両かと思いきや、普通の通勤型車両が到着しました。バッド(下向き矢印)


学生時代はこんなのなかったんですが今ではこういう特急も走ってるんですね。

yudoyabashiiki_tokkyu.jpg


でもこの特急は枚方市駅が始発のようで、らくらく座ることが出来ました。


せっかくなので一番前に乗車。


この車両は運転席との間の壁が大部分がガラスで見晴らしはかなり良かったです。

untenseki.jpg


始発の枚方市を出発すると次の停車駅は京橋。


この特急は淀屋橋行きなので、京橋で中之島行きに乗り換えます。


中之島線の開業に合わせて登場した新型車両に乗って中之島線へ。


またまた一番前にかぶりつきです。

kaikyuu_untenseki.jpg


この車両はあんまり前の視界は良くなかったですが、

ロングシートではなかったので運転席の真後ろの一番前の席をGETして息子は運転手気分ぴかぴか(新しい)


私は真新しい車両を見学です。。。


関空快速と同じく『2+1』の座席は、座席が少ない分広々としていて、

また高貴なブルーの座席とブラックやブラウン系をふんだんに使った車内はシックな感じでした。

kaikyuu_shanai.jpg


ドアの上の案内表示は液晶画面。

kaikyuu_ekisyou.jpg


そういえば東京の山手線もこんな感じだったかな。


そして私も初乗車となる中之島線へダッシュ(走り出すさま)


天満橋駅を過ぎると全線地下の中之島線。


かなり深くまで潜っているようですが、トンネル内は電気がたくさんついていて

普通の地下鉄よりもとても明るかったように思いますひらめき

nakanoshimasen_tunnel.jpg


全ての駅で地下鉄と接続する数駅を過ぎて終点中之島駅に到着。

nakanoshimaekihyou.jpg


まだまだ出来たてでかなりきれいな駅でしたぴかぴか(新しい)


と、ここでいつも通り、恒例の記念撮影カメラ


落ち着いたいい感じの新型車両は、今まで京阪にはなかった青色です。

kaikyuu.jpg


駅のホームを歩くと展示会の案内が・・・

tenjikai_annai.jpg


展示会場の3番線ホームはかなり先。。。


中之島駅は淀屋橋と同じくくし型のホームになっていて、

(淀屋橋とは違い前後に停まる超ロングホームはありませんが)

島式の1・2番ホームの先(京都寄り)に突き出た形に3番線があります。


京阪電鉄はこの形の駅が好きなんでしょうか。。。


まぁ土地がないから仕方がないのかも知れませんが。。。


展示会場にはかなりの人がいました。


大半がうちと同じく小さい子ども連れですが、残りは一眼レフを構えた鉄道ファン。


鉄道ファン(私も元鉄ですがあせあせ(飛び散る汗)いや・・・現役か・・・たらーっ(汗))に混じって私もケータイカメラで写真を撮りますカメラ

keihan_thomas_yellow.jpg


トーマス号は各車両が違う色に塗り分けられ、描かれているキャラクターも違います。


一番中之島寄りの黄色の車両の側面はゴードンたち。

sokumen1.jpg


2両目は水色で飛行機系のキャラクターが描かれています。

sokumen2.jpg


3両目は緑でクレーンのクランキーと高山列車たち。

sokumen3.jpg


そして4両目は紫。

ここまで好調にキャラクター名を教えてくれていた息子が無口になったのでマイナーキャラでしょうか…

sokumen4.jpg


続いて5両目はオレンジ。


「あれ?これが高山列車かな?」と息子。


4才の息子はそろそろ限界の様子あせあせ(飛び散る汗)


ただ、ドアのすぐ横に描いてあるボールのような岩は「ボルドー」だと教えてくれました。

sokumen5.jpg


次の6両目はブルーで、船系のキャラクター。

sokumen6.jpg


そして最後の7両目が赤色でトーマスとパーシー。

sokumen7.jpg


これは私も知ってました。


ちなみにトーマスの隣にいるおっちゃんは「トップハムハット卿」。


いつしか息子に鍛えられ、私もかなり覚えてきました。あせあせ(飛び散る汗)


ちなみに今はポケモンの特訓を受けていますたらーっ(汗)


そして京都寄りの先頭車では子どもたちに運転手の帽子を被せての写真撮影会が行われていました。


すんごい人だかり。。。

thomas _gyouretsu.jpg


かなり待たされましたが少し緊張しながら敬礼ポーズカメラ


そしていつものように息子と電車を撮った後は息子抜きで電車だけポーズカメラ

keihan_thomas_red.jpg


いつもは縦と横の2カット撮るように言われるのですが、

息子も行列に気を遣ったのか、今日は1カットでOKだそうですあせあせ(飛び散る汗)


そしていよいよ車内へ。


車内もトーマス一色です。

syanai_zasekiend.jpg


車端部の上もトーマス。

syanai_syatanbu.jpg


広告等は一切ありません。

syanai_doaue.jpg


影絵クイズも何種類もありました。

syanai_quiz.jpg


いやぁ〜〜〜


疲れました。。。


まぁでも今回の展示会が終わると通常の運転に使用されるようですが、

こんなにくまなく車内を見渡すことは出来ないだろうからラッキーだったと思います。


で、ホームに貼られた写真を見ていると、

どうやら京阪電鉄では毎年夏から冬にかけてトーマス号が走っているようです。


京阪本線と、琵琶湖周辺を走る石山坂本線の路面電車の2タイプが、

毎年デザインを変えて走っている様子。


ずーっと走らせないのは契約の問題があるようです。あせあせ(飛び散る汗)


まっ、子どもたちにとっては毎年違うデザインであるのも楽しみの一つなんでしょうけど。


親は毎年連れて行かなくてはならないので大変だな。。。


とかいろいろ思いながら、地下鉄に乗って帰りました。


もちろん忘れることなくご褒美の「ホイップる」を帰り道のトイザらスで買いましたとも。。。


なんばパークスのトイザらスって、たしか以前は「トイザらス・セレクト」って名前だったと思うのですが

“セレクト”ではなくなったんですね。(まぁ別にいいんですが。。。)


私の「ご褒美」のイメージは、「絵の入選」のご褒美なんで、

色鉛筆か画材系だと思っていたのですが、そうじゃないそうです。


まぁせっかくなんで今回は欲しいというものを買ってあげることにしましょう。


でも今度からはご褒美は一緒に買いに行かず、こっそり買ってこよう。。。


ということで今回は、

『絵』の展示会と『トーマス号』の展示会。


2つの展示会に行ってきましたexclamation×2というお話でした。
posted by 堺本部長 at 21:06| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させて頂いてます
一週間ほどパソコンが動かず直ってきた所です
相当な電車好きと見受けました
きっと若い頃は時刻表なんか持ってたりして
子は親に似るもんですね
Posted by すごいよ優さん at 2009年07月21日 22:19
すごいよ優さん、はじめまして!
コメントありがとうございます。

ほんと、子は親に似るもんですね。
別に子どもを電車好きに仕立てようなんて
これっぽっちも思っていなかったのに
勝手に電車好きになっちゃいました。

もう少し大きくなったら二人で時刻表を持って
旅に出たいと思います!
Posted by 堺本部長 at 2009年07月22日 11:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


人気ブログランキングへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。