2009年07月17日

ウルフルズ活動休止は残念ですが、今から再開がとても楽しみです

もう、世間ではご存知の方も多いですが、

ロックバンド「ウルフルズ」が

夏恒例の野外ライブ「ヤッサ!」をもって

活動を休止するという発表がありました。


ウルフルズは昔からかなり好きなバンドの一つで

今では家族全員がファンになっているので

とても残念です。もうやだ〜(悲しい顔)


大阪出身(トータス松本は兵庫ですが)の彼らが

我々関西人の心にはスーっと入ってくる歌詞で

熱く歌う、まさにソウルフルな歌の数々には

いろいろな場面で

時には励まされたり、

時には勇気づけられたり、

また時には笑わせてもらえたりしました。


脱サラして始めた事業がうまくいかないとき、

がむしゃら 〜熱くなれ〜」を聞いて

何度前を向かせてもらえたことか。


かわいいひと」は

実家がすぐ近くにあるにもかかわらず

一人暮らしをして全く家に帰らない私に

母親のことをふと思い出させてくれたりしました。


また、

事件だッ!」は嫁と出会った頃

よく二人で聞いていて

二人が出会った運命を確かめ合ったものです。あせあせ(飛び散る汗)


他にも、

それが答えだ!」や

笑えれば」、「暴れだす」、

そして特に「ええねん」は

波乱万丈な私の人生の中で

何度も車でこれらを聞いて

涙を流しながら元気をもらった記憶があり、


私のiPodではウルフルズの曲が

かなり再生されていて

今も曲を聞く度に

当時の事を思い出します。


そんな中で、

私が最も好きな曲は

まいどハッピー」。


この曲に励まされたとか

勇気づけられたとか

そういう思い出はないんだけど、

なんか、聞いてて気持ちのいい、

ふんわりと、まさにハッピーな気分になれるいい感じの曲で、

逆に、何といって思い入れがないからなのか

私の中ではダントツ一位なのです。。。   



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、

先ほど「家族全員がファン」と書きましたが、

その通り、

我が家の5才の娘と4才の息子も大のファンなのです。


まだ言葉がおぼつかないうちから歌ってます。


もちろん私が車でウルフルズをかけているからですが、

はじめの頃は、

童謡とか「おかあさんといっしょ」のCDに替えろと

せがまれたんですが、

いつからか、

童謡をかけていると

逆にウルフルズが聞きたいと言い出しました。


もちろんその頃は

「ウルフルズ」という名前は覚えられなくて、

サビの部分を歌ってせがまれました。


でもちゃんと歌えずに

当時2才の息子のお気に入り「愛がなくちゃ」は

「穴がぐちゃぐちゃ」。。。


「穴がぐちゃぐちゃが聞きたい〜」と言うので

CDを入れ替えて「愛がなくちゃ」にすると

『あ〜ながぐちゃぐちゃるんるん

と笑顔で歌っておりました。


ちなみに今の息子のお気に入りは

両方 for you」。


恐竜の出てくるPVが楽しいようです。


娘はと言うと、

これも古い話になるんですが

ある日、家でのんびりしていると

当時3才の娘が

借金大王」の一節、

『借りた金返せよ〜るんるん』を

フラダンスの改良版のようなダンスで

右へ左に揺れながら

独自の振り付けで歌ってました。


君の貯金を少しばかり拝借しているのを

まさか知ってるのかい???

と、本気でドキッとしました。。。爆弾


ちなみに娘の今のお気に入りは

花さかフィーバー」。


昨年のヤッサをひかりTVで観ていたとき、

浴衣のお姉さんがいっぱい出てきて

この歌でみんなが踊っていたのが

すごくよかったそうです。わーい(嬉しい顔)



また、さっき私が一番好きだと書いた

「まいどハッピー」は

2人の子どもたちも大好きで

家ではこれまたツイストを改良したような独自のダンスで

踊りながら歌ってます。わーい(嬉しい顔)


DVDを見るのも好きで、

現在4才の息子は

幼稚園の友達が遊びに来た時に

自分のお気に入りを見せてあげたいらしく

泣けてくる」のPVを見ながら

一緒に歌っている息子の横で

ぽかーんとしているお友達たらーっ(汗)


ちょっとかわいそうな気もしますあせあせ(飛び散る汗)


そんな娘や息子、

そして嫁も、もちろん私も

一番好きなビデオが

「ヤッサ」のビデオです。


この「ヤッサ」というのは

毎年、夏に万博公園で開かれる野外イベント。


ただのライブではなく、

当日は飲食物の出店が出たり

子どもも観れるピクニックエリアがあったり、

まさにお祭りのようなイベントなんです。


そして、ウルフルズの活動休止は

今年の「ヤッサ」で終了とのこと。


子どもたちがもう少し大きくなったら

絶対に連れて行ってあげようと思っていたイベントなので

すごく残念です。。。


今年のヤッサは最後のライブだし

熱狂的なファンが多いだろうから

チケットを取るのも大変だろうと

今年行くことは諦めたのですが、

いつかまた、

ウルフルズが活動を再開したときには

家族みんなでヤッサに行きたいと願っています。


それまではウルフルズがまた活動してくれるのを願いつつ、

今までのCDや、トータス松本のソロなどを聞きながら

家族でウルフルズを楽しみ続けたいと思いますexclamation×2


ということで、

今回は「情報」でも何でもないですが、

我が家の「好きなもの」を

熱く語ってみました。。。

posted by 堺本部長 at 19:53| 大阪 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 情報と言うよりただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歌にはいろんな思い出がありますね!

長男が小さいころ、発熱で寝れないとき、
抱っこして歌ってのが、ドリカムです。
子守唄代わりなので、Love・Love・Loveを意味もなく歌ってました。
この間、中学生になった子にその話をして、
抱っこで歌ってみると(重た〜い)
“懐かしい気がする”と言われ、泣きそうになりました。
Posted by のうし at 2009年07月19日 02:39
のうしさん、こんばんは。
そうですね、「歌」ってホントにすごいなと思います。

私も息子が大きくなってからそんなこと言われたら泣きそうになるかもしれません。
泣きませんが。。。(強がり)
Posted by 堺本部長 at 2009年07月21日 21:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

FIRST(DVD付き限定盤) ~ トータス松本
Excerpt: FIRST(DVD付き限定盤)トータス松本価格:¥ 2,700 (Music)(...
Weblog: 江真亜乃/音楽館
Tracked: 2009-07-21 19:10


人気ブログランキングへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。