2009年07月03日

TDR2泊2日E 〜新幹線500系で帰阪

さて、前回の続き。

いよいよTDRシリーズ最終話です。


とはいえ、もうTDRを後にしたので、

大阪に帰るだけですが。。。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


ディズニーシーのゲートを出て、

コインロッカーで荷物を取り、

最後のディズニーリゾートラインに乗って

舞浜駅(リゾートゲートウェイ・ステーション)に向かいますダッシュ(走り出すさま)


東京ディズニーシーステーションからは一駅で、

歩いてでも行ける距離なのであっという間に着きます。


子どもたちは名残惜しそうにモノレールに手を振り

車掌さんにバイバイされて喜びながらJR舞浜駅へ。


ディズニーシーを出るのが予定より30分ほど遅れたため

帰りも寄り道せずに東京駅に向かうことになりました。


結局大阪から舞浜までを往復しただけ。

それなら周遊きっぷではなく

通常のキップにしておけばよかった。。。


と思いながら京葉線に乗ります。電車

jr_keiyousen.jpg


まだ16時になろうかという時間だったので

東京ディズニーリゾートからの帰る人たちはそんなに多くなかったですが

京葉線に乗ると子どもがいっぱい乗っていました。


幕張メッセで何かイベントがあったのでしょうか。。。


椅子にありつけず、ブー垂れている子どもたちの気を紛らわしながら

終点の東京駅までは普通電車でもわずか15分ほどです。


京葉線の東京駅は地下深くのホーム。

新幹線に乗り換えるには

長い長いエスカレーターで上まで上がり

長い長い通路を歩いて行かなければなりません。。。


これが一番憂うつ。。。


お土産はホテルから宅配便で送りましたが

それでもそこそこの荷物はあるなかで

子どもたちの手を引かないといけないので

普通に歩くだけでも大変なのに

すごい人混みです。


まぁでもこの日は土曜日だったので

平日よりはマシだったのでしょうか。


とはいえ、大阪とは「人の多さ」の基準値が違うように思います。。。


幸い子どもたちはまだ疲れが出ていないようで

長い通路を苦痛に思うどころか

「動く歩道」が楽しかったようで

かなりの笑顔で新幹線改札口まで歩くことが出来ました。


さて、これから新幹線で帰阪新幹線


今回は時間に制約を作りたくなかったので

指定券は買わずに自由席です。


空いていればいいのですが…  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「のぞみに乗って帰りたいねん揺れるハート

「のぞみに乗れるかなぁー(長音記号2)

と、京葉線に乗ってから頻繁に言ってくる息子。


そりゃのぞみに乗れるでしょexclamation&question


逆にこだまでは帰りたくないよ。。。


と思いながら

「のぞみがいたらいいねぇわーい(嬉しい顔)

と適当な返事をしながらホームへダッシュ(走り出すさま)


適当な返事をするから何度も言うのだろうか。。。たらーっ(汗)


新幹線の改札で「ゾーン券」と共に「かえり券」の提示。


周遊きっぷはゾーン内乗り放題なので

毎回キップを買わなくていい反面

自動改札ではなく係員のいる改札口を通らないといけません。。。


新幹線乗り場の構内に入り、時間を見ます。

現在ちょうど17時。


新幹線は今では「待たずに乗れる」を売りにしているほどで

ホントにどの時間帯でもかなりの本数が出発しています。


新大阪までならのぞみ“だけでも”10分に1本走っています。


なので、自由席の座席が万が一満席でも

10分待てば次ののぞみがあるのです。


それなら「○○分に乗らなければいけないexclamation×2」って感じに

面倒な指定席より、

料金も500円安い自由席の方が私は好きです。


まっ、東京から乗る場合は・・・ですが。

(途中の駅からなら座れないかもしれないですから。。。)


ただ、自由席は16両編成中3両しかありません。

しかも一番博多寄りの(東京発だと)先頭の3両のみです。


なので、かなりホームの端まで歩かないといけません。たらーっ(汗)


まっ、我が家はどの車両に乗ろうが

必ず電車との記念撮影が恒例行事なので

問題はありませんがあせあせ(飛び散る汗)


のぞみが発着する14・15番線ホームに上がります。


15番線が新大阪行きののぞみ新幹線

14番線が博多や広島など、

新大阪よりも遠くまで行くのぞみが出発するようです。


10分おきに交互にのぞみが出発するダイヤ。


たまたまこの時間だけかもしれませんが

非常に分かりやすいですね。


ホームに上がると14番線には

17:10発 博多行きのぞみ49号 N700系

sinkansen_n700.jpg


隣の15番線には

17:20発 新大阪行きのぞみ243号 700系

が停まっていましたexclamation×2

shinkansen_700.jpg


「のぞみがいたぞexclamation×2よかったなぁわーい(嬉しい顔)

と、息子に言うと、

息子は両方に停まる二つの新幹線を交互に見ながら

「一番前で写真撮ろうよぴかぴか(新しい)

と予想通りのリアクションわーい(嬉しい顔)


どんどん新幹線はやってくるし

乗る新幹線もまだ決めていないので

慌てることなく子どもたちを連れてホームの端へダッシュ(走り出すさま)


嫁と姉は2号車のドアの前で場所取りです。


停まっている二つののぞみを覗いてみると

自由席車は新大阪行きが約5割の乗車。

博多行きは少し多くて約7割の乗車率。


これぐらいなら子どもたちにも席が与えられそうですぴかぴか(新しい)


これが一番心配だったので一安心ー(長音記号2)


混んでいるようだと購入したキップ(大人3人)の通り

3つの座席に大人3人幼児2人で詰めて座るしかありませんから。。。


まぁ普通に座れば、間の肘置きを立てれば座れなくもないですが、

きっと帰りの新幹線は二人とも疲れて寝てしまうだろうから

その時が心配だった。。。


安心しながら、ホームの端へダッシュ(走り出すさま)


次々とやってきては出発する新幹線たちに

子どもたちは大興奮exclamation×2


いつまで経っても動きそうにないので

(ディズニーリゾートでお土産を一切見てなかった私は)

少しぐらい東京土産を見たかったので

ホームの橋の柵にしがみつく息子を引き剥がすように

2号車の乗り口に向かいます。


まだ乗る列車は決めていませんが

降りる時に慌てなくて済むし、

何より空いている新大阪行きにすることは決定。


15番線の前で待つ嫁に

「ちょっと下に行ってお土産見てくるわ」と言い残し

一人で立ち去ろうとしたその時exclamation×2


さっきN700系が出発して行った14番線に

500系のぞみが新幹線


まるで飛行機のような円筒形のボディに

先頭車両は半分ぐらいが尖っているような独特のフォルム。

shinkansen_500_byjrwest.jpg
(©JR西日本)


あまり本数がないため、めったに見れないので

息子に「500系のぞみが見れてよかったなぁぴかぴか(新しい)

と声をかけたところ、

「僕が乗りたかった“のぞみ”はこれやねん揺れるハート

だと。


それでさっきは興奮しつつもちょっと浮かない顔をしていたのか。。。わーい(嬉しい顔)


でもこの500系のぞみは新大阪行きよりも混んでいる博多行きだし、

現在の時刻は17:15。

この500系は17:30発のぞみ51号。


あと15分ほどで出発なのです。たらーっ(汗)


でも今回の旅行中で一番の“いい顔”で

500系を見つめる息子に

「これに乗ろうかひらめき」と言うと

その“いい顔”がさらにとろけたわーい(嬉しい顔)


これはもう乗らないと仕方がない。。。


予定変更。


15番線に並ぶ嫁と姉に、

「こっちののぞみで帰るからexclamation×2

と声を掛け、

さっきまでののんびりモードが一転しますあせあせ(飛び散る汗)


もう私の東京土産は諦めます。。。


あと15分で出発するので

電車の中で食べる駅弁を買いに行くことにしました。


子どもたちを連れてお弁当屋さんへ。

息子はさっき通りかかった時から決めていたらしく

店に入るなり

「これexclamation×2

といってとんかつ弁当を指差しました。


4歳のくせに大人の弁当食べれるんか・・・

ほとんど残すくせに…

と思いながらも、

私はとんかつが大好きなのでOK。


娘はいつも通りサケとサバの柿の葉ずしです。

娘はこれのサケが大好きなのです。


残念ながら「サバのみ」は売っているのですが

「サケのみ」はありません。


大阪駅でもそうでしたが

東京駅でも同じようです。


私はまずビールビール

そして崎陽軒のシウマイをつまみに買います。


この崎陽軒のシウマイ、もしくはシウマイ弁当。

ちょっと有名です。


かなり人気商品です。


私が知ったきっかけは

阪神タイガースの和田打撃コーチのブログ(現在は休止中)。


和田コーチを始め、阪神の多くの選手たちは

このシウマイ弁当が大好きで

横浜遠征の際は必ず楽しみにしていると

何度も何度も記事に出ていたのです。

(東京駅にも売っていますが本来崎陽軒は横浜なのです)


「いつか食べたいexclamation×2」と思いながら

2年ほど前に東京出張の際に初めて食べました。


私の感想は・・・

蓬莱の方が数倍おいしいやん。。。


というものでしたが、

東京駅には蓬莱がないのであせあせ(飛び散る汗)

それ以降もついつい買っちゃってます。


まぁ別に焼売を食べないといけない訳ではないんですが

何か食べたくなっちゃうんです。。。

(ということは美味しいんでしょうか。。。たらーっ(汗)


で、私はシウマイ弁当ではなく

いつもビールのつまみにシウマイだけを買い、

別にお弁当を買います。


今回は豚のみそ焼き弁当。

姉も同じです。


嫁は焼肉弁当。


東京駅には数々の名物弁当がありますが

ゆっくり眺めている時間がないので

みんな定番弁当ですバッド(下向き矢印)


私と子どもたちがお弁当を買いに行っている間に

嫁と姉は場所取りのためにドアが開くのを待ちます。


東京に到着後、清掃を行うようで

乗客が降りた後、一旦ドアを閉めます。


駅弁を買い終えて戻って来た時には

出発の5分前になっていましたが

まだドアは開かず、一番前で並んでいました。


自由席車に並んでいる乗客は

1両あたり20人ほど。


全然余裕です。

まぁこれが平日だったり、

日曜だったりすると

もっと沢山いるんでしょうが、

土曜日の夕方の下り新幹線は

もしかしたら一番空いているのかもしれませんね。


やっとドアが開き一斉に乗り込みますが

そんなに人が多くないので

みんな落ち着いた様子で席に着きます。


前に出たN700系新幹線より少し少ない6割程度の乗車。


何かの記事で少し見たことがありますが

「500系新幹線は700系に比べて乗り心地が悪いので

(揺れるのと窓側が少し窮屈だそうです)

敬遠されがち」というのは

本当なんでしょうか。。。


ともあれ私自身も500系に乗るのは初めてなので

息子に隠れてちょっと嬉しかったりもしますわーい(嬉しい顔)


実は500系は登場当時は

世界最速の300km/hで営業運転を行った新幹線です。

JR西日本が満を持して製作しました。


「速さ」を追求するが故に

独特の形状をしているのです。


まさに弾丸列車の様態。


でもそんな500系も

同じく300km/hでの運転が可能なN700系が登場してしまい、

他の新幹線車両と形状が異なるため座席数も異なるので

近いうちに東海道新幹線(東京・新大阪間)の運用を外れます。


JR東海からは爪弾きにされる格好。。。


今後は両数を8両に減らし、

山陽新幹線のこだまとしてのみ運用されるとのこと。


まさに“宝の持ち腐れ”です。。。


残念ながら東海道新幹線の区間では

300km/h運転を行っておらず最高270km/hなので、

最速300km/h体感は出来ませんが

のぞみとして運用されているうちに乗れてよかったです。


話を戻して500系車内。


17:30 座席に着くやいなや出発です。


発車して間もなく品川に到着。


10人ぐらい乗り込んできましたが

それでも7割に満たないほど。


品川を発車後、

お弁当を広げます。


私はまずシウマイでビールをビール


そしてお弁当を食べようかと思っていたら

新横浜に到着です。


新横浜を出ると名古屋まで止まりません。


なので、新横浜からの乗客がどれぐらいかで

私たちの使える座席数がほぼ確定します。


幸い新横浜からの乗客も10数名ほどで、

乗車率は8割程度に収まりました。

sinkansen500_shanai.jpg


だいたい一人の乗客は2人掛けを一人で使用するか

3人掛けの端と端に座る程度で

知らない乗客と隣り合わせになることがない程度。


我々も気兼ねなく座席を使用出来ました。

(3人掛けをボックスにして5人で使用しました)


息子はとんかつ弁当を半分ぐらいたいらげると

速攻でパタンキュー眠い(睡眠)


(『パタンキュー』という表現は何年振りにでしょうか。。。たらーっ(汗)


娘はと言うと、サケの柿の葉ずしだけでは足りなかったらしく

サバの方のネタ(サバ)を取ってシャリだけたいらげ、

さらには車内販売でポッキーを購入。


一気に食べてました。


「まだ5歳」と思っていましたが、

よく食べるようになりました。


小学生ぐらいになると

私以上に食べるようになるんでしょう。


そして娘もパタンキュー・・・

と思いきや、一切寝る様子はなく、

代わりに私と嫁と姉がウトウトしてしまいました。。。


名古屋に着くというアナウンスを聞いて

ハッと気が付き周りを見ると

起きているのは娘だけで

寝ている私たちの写真を撮りながら

一人で楽しんでいたようです。。。


いくら閉ざされた車内とはいえ

幼い子どもを残して全員で居眠りとは

酷い親ですな爆弾


そして名古屋を発車した時(19:15)には

外はほぼ暗くなっていて、またまた眠くなりましたあせあせ(飛び散る汗)


でも一向に眠らない娘をこれ以上放っておいて・・・

というわけにはいかないので

話し相手に。。。


次の京都に着いた時には

そろそろ降りる準備で息子を起こします。


何とか息子も目を覚まし、

トイレに連れて行き、

荷物をまとめ・・・としているうちに

新大阪到着のアナウンスが・・・


新大阪の停車時間は3分あるので

問題なく降りれますが、

降りると必ず

「前へ行って写真を撮ろうexclamation×2

と言われることは分かっているので

(特に今回は出発時に時間がなく写真が撮れなかったので)

いち早く降りるために

前もってデッキまで行き

ドアの前で到着を待ちます。


20:06新大阪着。

shinosakaekihyou.jpg


降りると同時に先頭車両へ向かいます。ダッシュ(走り出すさま)


とはいえ、我々が乗車していたのは前から2両目なので楽勝です手(チョキ)


まずは子どもたちを並べてパチリカメラ


そして次は新幹線だけでパチリカメラ

shinkansen_500.jpg



そうこうしているうちに、

のぞみ51号は運転手がJR西日本の方に交代し

一路博多に向けて出発します。新幹線


出発と同時にいつものように

新幹線に手を振る子どもたち。


するとそれを見た新幹線の運転手が

手を振り返してくれながら発車して行きましたexclamation×2


車掌さんはたいてい振り返してくれますが(女性以外)

運転手さんに手を振ってもらえたのは初めてです。


しかもそれが敬愛する500系を運転する

息子からすると神様のような存在の方からの“バイバイ”であったため

息子はどこか緊張した様子で手を振っていましたわーい(嬉しい顔)


新大阪からは大阪まで一駅。


そして大阪環状線のホームへ行くと

運良く次の列車が関空快速。


最寄駅の鳳まで乗り換えなしで帰れます。ぴかぴか(新しい)


土曜日といえどさすがに少しは混んでいて

何とか確保できた座席は姉と娘の2席のみ。。。


天王寺からはさらに1席空いたので

嫁が息子を膝に乗せて座りました。


私は最後まで荷物の番を含めて立ちっ放し。。。


お父ちゃんというのはこんなもんです。たらーっ(汗)


まぁ何とか無事に鳳に到着後、

姉と別れてタクシーで帰宅車(セダン)


家に着いたのは21時過ぎでした。


長いようで短かった2泊2日の

変則的日程の東京ディズニーリゾート旅行。


かかった費用は

(姉を除いて我が家4人で)

交通費 約7万円(サンライズ寝台券含む)

宿泊費 11,000円(子どもは添い寝で無料)

飲食代 約3万円

お土産代 約2万円

その他 荷物の宅配代(約2,000円)など


合計で約13万円ほどかかりました。


もともとの予算は

定額給付金 64,000円(4人分)

子育て支援特別手当 36,000円

児童手当(6月支給分) 40,000円

の、合計14万円だったので何とか予算内で済みました手(チョキ)


絶対予算オーバーだと思ったのに。。。


姉を連れて行って大正解手(チョキ)でした。


みなさんも子連れで旅行をする際には

是非とも独身の兄や姉を同行させることをおススメしますexclamation×2


なんてねわーい(嬉しい顔)


まぁでも思い起こせば

親が連れて行ってくれた旅行以外で

姉と旅行するのなんて生まれて初めてでした。


喧嘩ばっかりしていた姉と

旅を共にするんですから

私もいやはや年をとったものです。。。


帰ってきてからはや2週間。


ディズニーにあまり興味を持っていなかった息子が

今のところ毎日欠かさず旅行のビデオを見ているそうですあせあせ(飛び散る汗)


まぁまた連れて行ってあげましょうexclamation×2


もう一回定額給付金くれないかな。。。


(おわり)


※前の話
TDR2泊2日D 〜東京ディズニーシー
http://shitteru.seesaa.net/article/122543998.html


※このシリーズの第1話
TDR2泊2日@ 〜サンライズで東京へ
http://shitteru.seesaa.net/article/122086019.html



右斜め下応援してください左斜め下
rankingbanner.gif



posted by 堺本部長 at 16:45| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報満載(!?)旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
事件もなく、無事に帰ってこれてよかったですね。

500系は、確かに他の新幹線より 揺れますね。
でも、500系が登場した時は、“これが
これからの新幹線だ!”と思いました。
0系のあと、100系はあまりかわってないし、300系は変な顔だったので、
大本命!のはずだったのに・・・・
関空はるか で走らせてくれないかな〜
(幅が違いますね)
Posted by のうし at 2009年07月05日 00:27
のうしさん、こんにちは!

そうなんですよ!
線路の幅さえ合うのなら特急はるかにしてほしいですよね!

あのラピートに対抗するにはあれぐらい斬新なデザインが必要です。
Posted by 堺本部長 at 2009年07月06日 10:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122726924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


人気ブログランキングへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。