2009年06月29日

TDR2泊2日C 〜エレクトリカルパレード

前回からの続き


子どもたちのお昼寝と共に

一旦ホテルヒルトン東京ベイに帰って来た我々。

hilton_kanban.jpg


必死で抱きかかえていた子どもたちも

ホテルに着いた雰囲気を感じ取ったのか

気持ち良く目を覚ましましたわーい(嬉しい顔)


まずは言われた通り、

特典でもらえる1,000円分のギフトカードをフロントでもらって

部屋に向かいます。


ヒルトンとはいえ、さすがディズニーランドのそばにあるホテル。


ハイクラスな作りの中に子どもが喜びそうな

要所が所々に見受けられます。

hilton_entrance.jpg

↑のような待合所の横には

レゴブロックのコーナーも。

hilton_kids.jpg


うちの子どもたちも

私がフロントに行っている間

ここで遊んで待っていました。


また(おそらく)記念写真を撮るであろうコーナーも。

hilton_picture.jpg


また、入口入ってすぐのところには

スターバックスもあり、

休憩用に、とアイスコーヒーを買いました。


また、スターバックスの向かいには

ドラッグストアがあります。

hilton_drugshop.jpg


ドラッグストアと言っても

大半が雑貨品や飲食物。


こじんまりしたコンビニと言ったところでしょうか。


ペットボトルのジュース等もそれなりに充実していたし

普段自動販売機ではあまり売っていない私のタバコも

置いてあったので、小さい割に品揃えはいいと思います。


ただ、閉店時間が22時なので、

ランドやシーでギリギリまで遊んでいると

買い物することが出来ません。


さて、部屋は8階。

建物の左右にあるエレベーターで上がりますが、

なんせ横に長い造りのため

エレベーターから部屋まではかなり歩く場合もあります。


我らの部屋も例外ではなく

かなり歩きましたあせあせ(飛び散る汗)


この時のエレベーターの同乗者もそうですが、

ホテルの至る所で出会う宿泊客から聞こえる会話に

「姉さん、事件です・・・」という言葉の多いこと多いことたらーっ(汗)


確かにこの「ホテルヒルトン東京ベイ」は

20年ほど前、高嶋政伸主演のドラマ「HOTEL」の

舞台(ホテルプラトン)として使われたホテルで、

そのドラマでのナレーションは、

高嶋政伸演じるホテルマンが“姉さん”に語りかける風の

ものであった中の一セリフ。


いまだに語り継がれているんですねぇ。


そして我々は部屋へ入ります。

なかなか広い部屋です。

tripleroom.jpg


3人部屋なんで、1人分のベッドはソファーを潰した

エキストラベッドかと思っていましたが、

ちゃんとベッドが3台並んでいました。


tripleroom2.jpg


部屋は海側の「オーシャンビュー」で

窓からの景色は目の前に海exclamation×2


heyakara.jpg


窓の横にはちゃんとソファーもあります。

tripleroom4.jpg


これで食事なしとはいえ一人5,500円は本当に安いexclamation×2


しかも幼児の添い寝は料金がかからず無料です。


無料なのにちゃんと子どもの分の小さいスリッパなどは

用意してくれています。


子どもたちはホテルのベッドに大はしゃぎ。


お約束のようにベッドを飛び跳ねまわり

どのベッドに誰が寝るか

二人で相談してますわーい(嬉しい顔)


私はと言うと、ホテルに着いてすぐの恒例行事。

客室係に“そばがら枕”を注文します。


私はどうしても“綿(?)”の枕では

ぐっすり眠ることが出来ず、

そばがら枕がないかいつも聞きます。


そこそこのホテルの場合はたいていあります。


このヒルトンには「全そばがら」と「半分そばがら」の

2種類があるとのことでした。


ついでに嫁と姉に、要るかどうか聞くと

二人とも「半分そばがら枕」がいいとのこと。


結構みんなそばがら枕が好きなんですね。


そんなやり取りの間もずっと子どもたちは飛び跳ね続け、

ディズニーランドにいる時以上に汗だくです。たらーっ(汗)


子どもたちが疲れてたから休憩しに帰って来たのに。。。


でも子どもたちはモノレールとバス内の昼寝で十分休憩出来たらしく

「早く夜のパレード行こうよexclamation×2

と言い出しました。


あんたたちを抱きかかえて歩き疲れた大人は

もう少し休憩したい。。。   

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そうも言ってられないので、

東京ディズニーランドへ向けて再出発。


またまたモノレールで向かいます。


さっきはランドから一駅で着きましたが、

このモノレールは東京ディズニーリゾートの外周を

反時計回りに走る一方通行。


なので、今度はぐるっと回らないといけません。


ディズニーシー、舞浜駅と通り過ぎ、ランドへ。


駅を降りたところで再度荷物チェックを受け

再入園の入口から中に入ります。


haittesugu_yuugata.jpg


そこそこ薄暗くなってきたので

いろんなところに電気がつき始め

昼とはまた違った雰囲気を出しています。

haittesugu_yuugata2.jpg


時間は18時過ぎ。


パレードは19時30分からで、

場所取りはまたまた1時間前からなので

乗り物に乗るのは諦め

パレードコースに向かいます。


シンデレラ城が見えるところは

パレードの後の花火「ディズニーマジック・インザスカイ」も

そのまま観れるからか、

既にたくさんの人だかり。。。


仕方なく我々はお昼のパレード「ジュビレーション」を観たポイントへダッシュ(走り出すさま)


ちょうど場所取りが始まったところで

私たちもレジャーシートを広げ場所を取ろうとふと見ると

お昼に座った場所と寸分違わず同じ場所でしたあせあせ(飛び散る汗)


そして子どもの相手をしながらレジャーシートを広げる

私たちを見つけて手伝いに来てくれたスタッフのお姉さんは

お昼の場所取りの時も手伝ってくれたお姉さんわーい(嬉しい顔)


どうやらお昼も夜もこのお姉さんがこの辺りの担当のようです。


しだいに日が暮れて周りが暗くなり出した頃、

“光る棒”をたくさん載せたワゴンを押したお姉さんの登場。


毎回姉にねだらせるのも気兼ねするので

私が買ってあげることにしました。。。


いつもなら決して買わないのですが

「買わない」と言えば姉が買うのは目に見えていたのでたらーっ(汗)


“親バカ”ならぬ“叔母バカ”ですので。。。


悪魔のワゴンが立ち去ると

周りの建物やアトラクションの電気も消え

有名な「エレクトリカルパレード」の音楽が鳴り響きました。


私はこれを聞くとどうしても「めちゃイケ」の

エスパー伊東を思い出すのですが。。。


またまたビデオ班兼カメラ班です。あせあせ(飛び散る汗)

electricalparade1.jpg

electricalparade2.jpg

とても綺麗な汽車のフロートには

ミッキーやミニーが乗っていました。


そして、「これでもか」というほどに電球の付いたフロートが

次々とやってきます。

electricalparade3.jpg


electricalparade4.jpg

キャラクターの乗っていないフロートは

電子制御で動いているそうです。(姉談)


electricalparade5.jpg

ディズニー映画をほとんど知らない私でも

見たことありそうなキャラクターが続きます。


electricalparade6.jpg

さすがに「白雪姫」は私にも分かりました。


electricalparade7.jpg

electricalparade8.jpg

モンスターズインクの(何と言うか分かりませんがあせあせ(飛び散る汗))キャラクターの目玉は

テレビ画面のようになっていて光っていました。ぴかぴか(新しい)


electricalparade9.jpg

「ニモ」もすごくきれいでしたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


electricalparade10.jpg

electricalparade11.jpg

electricalparade12.jpg

electricalparade13.jpg

electricalparade14.jpg


想像以上にたくさんのフロートが

これでもかというほど続いたパレードもとうとう終わり、

園内に灯りが点き始めました。


とてもいいパレードでした。ぴかぴか(新しい)


何かセリフなどがあったり

ストーリー仕立てになっている訳でもないですが

音楽と電飾だけで

何か別の次元にいるような空間が出来、

「これがみんなの言う夢の国か…」

と少し納得できたような気がします。


このパレードはまた観たい!!


パレードが終わりまた人が動き出しました。

私たちは少し真ん中の広場の方に戻り、

広場の手前の橋の上で

この後に始まる花火を待ちます。


花火は20時30分から。


パレードが終わって動き出したのが20時過ぎだったので

あっという間に始まりました。


普通の打ち上げ花火のほかに

ハート型やミッキーの形をした花火もありました。


かなり数も多く、これもまた素敵なショーです。


こんな花火を毎日上げてるなんて・・・

と感心しつつ、

周りにいる人たちがみんな何千円も払って入園し

何万円もお土産を買ってるんだと考えると妙に納得わーい(嬉しい顔)


私も電気屋の経営をやめて

テーマパークでも経営しようかな。。。


花火も終わり、時間的にもそろそろ帰る時間。


人も減って来たので最後に一つアトラクションに入ってから

ホテルに戻ることに。


モンスターズインク→1時間待ち

ミッキーの家とミートミッキー→1時間待ち


お昼ほどではないですが、相変わらずです。。。


今から1時間待つとなると「=閉園時間」じゃないですか。。。


と、ふと見ると、昼間は行列が出来ていた

「グーフィーのはずむ家」には行列がありません。


聞けば待ち時間は20分とのこと。


よし、これを最後にしてお土産を買って帰ろう。


「グーフィーのはずむ家」は

エアークッションのようなもので出来た部屋の中で

飛んだり跳ねたりできる、

小さい子ども限定のアトラクション。


大人は外から見てるだけです。


小さい子どものみのアトラクションだから

この時間は空いていたのか。


お昼寝で元気になった子どもたちは

お姉さんから入る前に約束事の説明を真剣に聞いて部屋の中へ。


あっという間の時間で次の組と交代となっていましたが

かなり楽しかったらしく、

帰ってきてからも、ここの話はずっとしています。わーい(嬉しい顔)


さて、時間は21時を回り、

嫁と娘と姉はワールドバザールへお土産を買いに。


私と息子はお土産屋の人混みが嫌で

男二人でエントランス付近で

葛西臨海公園の観覧車を遠くに見ながら休憩です。


そして3度目のモノレール。

3度目のミッキーバス。


ホテルを着いたところで思い出した。


夕食食べてない!!!


すっかり忘れていました。。。

思い出すと一気にお腹が減ります。。。


途中でポップコーンなども食べていたので

子どもたちはお腹が減らず

「おなか減った〜」といつものように言われなかったので

忘れていたようです。


どうしよう・・・と思って姉に相談。


舞浜駅に戻れば飲食店があるとのことですが、

お腹が減っていない子どもたちを連れて行っても

きっと途中で寝てしまい、

またまた担いで帰らないといけない羽目になりそう。。。


すると次の提案。


ホテルに着くと22時は回るけど

(ホテル内のたいていのショップは22時まで)

閉園時間に合わせて帰ってくる宿泊客に向けて

エントランスでおにぎりなどが売っているとのこと。


さすが姉exclamation×2


晩ごはんがおにぎりなのは少しさみしいけど

この際仕方あるまい。。。

ということでホテル着。


エントランスのスターバックス(閉店済み)の横には

ワゴンが並べられ、人だかりが。。。


ペコペコのお腹でワゴンの前に立つと・・・


パンしかない!


バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


この空腹をさすがにパンだけでは満たせない。。。


夕方に見たドラッグショップを見ると既に閉店。。。


その隣の隣の店が開いている!

と思って行ってみると、

エントランスにワゴンを出していたパン屋でした。。。


仕方ない。。。

ということでルームサービス。

room_service.jpg


ビーフシチューを食べました。


私はホテルでルームサービスと言うと

かなりの確率でビーフシチューを頼みます。


ホテルのビーフシチューの肉がとても大好きなのです。

値段が値段なのでしょっちゅうは食べませんが。。。


ちなみにこのビーフシチューはパン(ライスも選べます)が付いて

3,800円でした。たらーっ(汗)


姉はステーキ丼2,900円。

丼なのにお肉の焼き加減を聞かれてました。


嫁は小田原風塩ラーメン、

値段は忘れましたが2,000円ぐらいはしてました。。。


そして娘は食べ物の中で一番好きなコーンスープ。

お子様スープという少し量が少ないタイプで800円爆弾


ちなみに娘は注文後一口食べたところで寝てしまいましたたらーっ(汗)

(でもめちゃくちゃおいしかったようで

朝起きるなり残りを平らげてました)


ルームサービスのメニューはかなり充実してました。


こんなにいろんなメニューがあるルームサービスは久しぶりです。


子どもも寝静まった後、

久しぶりに大人だけで贅沢なディナーを楽しみました手(チョキ)


ただ残念なことに少しルームサービスに不手際があり

食器を片付けに来た際にそれとなく伝えると

かなり丁重に詫びて頂き

その後上司の方が再び訪問してくれて再度お詫び。


それでもう気にしていなかったのに

翌朝にはルームサービス支配人という責任者の方が

さらにお詫びに来て頂きました。


些細なことだったのに、これだけ丁寧にされたのであれば

逆に好感が持てるんですから、さすがです。


ま、それはさておき、食事の後は

贅沢ついでにマッサージを受けることに。


私は全身マッサージ60分。

嫁と姉はフットマッサージ30分。


体が軽くなって気持ちよく眠ったのですが

翌日足のだるさを痛感。。。


一日中歩いたからなぁ。。。


嫁と姉の足は完全復活していたそうですが

私の足は午前中にはまただるくなってしまいました。。。


よく歩いた日は全身マッサージよりも

丹念に足をほぐしてもらえるフットマッサージが正解のようです。


一つ勉強になりました。わーい(嬉しい顔)


さぁ、明日はディズニーシーを楽しんで

新幹線で帰阪です新幹線



※つづき
TDR2泊2日D 〜東京ディズニーシー
http://shitteru.seesaa.net/article/122543998.html


※前の話
TDR2泊2日B 〜TDLパレード「ジュビレーション」
http://shitteru.seesaa.net/article/122420536.html


※このシリーズの第一話
TDR2泊2日@ 〜サンライズで東京へ
http://shitteru.seesaa.net/article/122086019.html



右斜め下応援してください左斜め下
rankingbanner.gif

posted by 堺本部長 at 19:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報満載(!?)旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122479305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


人気ブログランキングへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。