2009年06月01日

JR大阪駅で電車見物 〜電車が好きな子どもは大満足

またまた電車絡みの話題に戻ってきました。。。あせあせ(飛び散る汗)


先日の休みの日に、子どもたちが

「どこかに遊びに行きたいー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

と言い出したたらーっ(汗)


時間は朝の10時過ぎ。

特にどこかに遊びに行く予定もしてなかったので

のんびり朝寝坊していた時の出来事でした。わーい(嬉しい顔)


こういう時はいつも、

嫁が近所のスーパーに行くのをやめて

アリオ鳳などに買い物先を変更わーい(嬉しい顔)

ario_otori.JPG


まだ小さい子どもたち(4才と5才)にとって

ショッピングセンターでの買い物はそれなりのイベントで

そのショッピングセンターでキャラクターショーなんてやっていたら

それこそ「遊園地にでも連れて行ったっけexclamation&question」と思うほど

満足してくれます。わーい(嬉しい顔)


ultramanshow_atario.JPG

↑先日アリオ鳳でたまたま遭遇したウルトラマンショー


でもこの日に限っては

嫁:「今日は買い物何もないよあせあせ(飛び散る汗)


何もなくても遊びがてら、いつものように

アリオとかイオンとかに行けばいいんだけど

どうやら給料日前には『物が売っている場所』には近づきたくないらしいわーい(嬉しい顔)


そういえば私の財布もかなり寂しい。。。


ではお金をかけずに遊びましょう。

ということで、

「電車見に行こうかexclamation&question

ということになりましたexclamation×2


以前にご紹介した120円旅行の「応用編」。。。

というか、「横着編」あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


関西を大回りするのは面倒なので

新今宮から天王寺までの普通は一駅の距離を、

大阪環状線で、反対回りでぐるっと回ります。


その途中の大阪駅で、

「たくさんやってくる特急電車を見よう」

という遊びです。あせあせ(飛び散る汗)  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

南海電車で新今宮に行き、

120円キップを買って環状線の外回りホームへ。


ホームに降りた途端、列車の通過を知らせるメロディーがひらめき


と、思っている真横を

オーシャンアローが走り抜けて行きましたexclamation×2


オーシャンアローは本数自体が少ない上に

大阪環状線から大阪駅を経由せずに

新大阪に行ってしまうため、

今回の「大阪駅特急鑑賞わーい(嬉しい顔)」の対象外だった特急exclamation×2


イルカのような顔をしたオーシャンアロー

うちの子たちは大好きだったようで大興奮exclamation×2


「写真撮ってー(長音記号1)ー(長音記号1)ー(長音記号1)

と叫ばれましたが間に合いませんでしたバッド(下向き矢印)


ちなみにJR西日本のホームページから拝借したものがこちら

oceanarrow_byjrwest.jpg


そしてオーシャンアロー通過後、ホームに到着した大和路快速で大阪へダッシュ(走り出すさま)


大阪駅までは約15分。

到着後、大勢のお客さんが下りる波に流されるように階段を下り、

10番線ホームへ。


現在大阪駅は北側に大きな駅ビルを建設すべく

大規模な改良工事をしており、

工事完了後(2011年)は、今までより線路が2本少なくなるとのこと。


その少なくなる線路というのは、元々の1・2番線なのですが、

駅の北側(つまり11番線側・ヨドバシカメラ側)に用地を作りたいための減線なので

「1・2番線」だったところを、今までの「3・4番線」にして、

「3・4番線」だったところを、今までの「5・6番線」にして…

といった感じに、何年もかけてずらして行ってるのですあせあせ(飛び散る汗)


で、今は線路の移設も佳境に入り、

最後の9・10・11番線あたりをいじくっているところ

といったところでしょうか。


特急電車を見物するなら北陸方面行きのサンダーバードなどが

発車する11番線。と思っていましたが、

もう既に11番線は取り壊されているので、

現在の北陸特急の発車番線である10番線へ。

というわけです。


まぁこの間GWにサンダーバードで京都へ行ったので

11番線が無くなっていることは知っていましたがあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


さて、この10番線ホーム。(正確には「9・10番線ホーム」ですが)

以前の11番線ホームと違い、特急の出発専用ホームではなく

大阪が終着の山陰方面からの特急電車の停車ホームも

一部の新快速などの通常の電車も発着する「忙しい」ホームになっています。


そこで、今までよりホームを長くして、

到着する電車を前後に止め分けています。


新快速などの通常の電車は東寄り(阪急百貨店側)に

長距離列車は西寄り(神戸方面側)に。という感じ。


まぁそうでもしないと、

サンダーバードの自由席に並ぶ観光客と

新大阪や高槻に向かう一般客が混在しては

並びにくいですからねぇわーい(嬉しい顔)


そこで我々は10番線ホームの西端に向かいました。

ホームが長いのでかなり歩きます。ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


そこには中高生ぐらいの鉄道ファンらしき少年が

カメラを構えて特急列車の入線を待っていました。


自分の少年時代を思い出します。わーい(嬉しい顔)

というのも、「大阪駅に特急列車を見に行こう」という“遊び”は

私が思いついたのではなく、私が息子と同じぐらいの頃

父親によく連れてきてもらったからなのでしたわーい(嬉しい顔)


ただその頃はたくさんの夜行列車も走っていたので

朝早くから父親とホームの端に陣取り

各方面から到着するたくさんの夜行列車を見た後は

各方面へ出発する電車や気動車、はたまた客車などの

特急・急行列車を見送り続け、ほとんど一日居たものですが、

今では夜行列車も激減してしまい、当時に比べれば

そんなにいろんな列車は来なくなったので魅力は減りました。。。


とはいえ、その当時を知らない今の子どもには十分魅力的なようですぴかぴか(新しい)


このホームの一番端っこは、

次から次からいろんな列車が発着する様子が一望できるにもかかわらず

ここが大都会の真ん中で、西日本で最も乗り降りする人が多い駅であることを

感じさせないような、「のんびりさ」というか「静けさ」のようなものがあります。


と、ここで次々に到着する特急列車の数々。

息子に「写真を撮ってくれ」と言われて撮った特急を紹介します。


まずは滞在中一番多く到着(出発)した「サンダーバード

thunderbird.JPG


そして「サンダーバード」の合間に走る古いタイプの「特急雷鳥

raichou.JPG


そして鳥取からやってきて京都まで向かう「特急スーパーはくと

superhakuto.JPG


次に城崎温泉方面からやってきた「特急北近畿

kitakinki.JPG


そして、息子の中でのメインイベントぴかぴか(新しい)

お昼に出発し、20時間以上かけて北の大地北海道を目指す

豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス

twilightexpress_mae.JPG


これは機関車がけん引する客車列車で、後ろはこんな感じ

twilightexpress_ushiro.JPG


一番後ろはご存知の方も多いですが、

スイートルームになっていて、一編成にたった一室(そりゃそうですがたらーっ(汗))の展望車です。


このトワイライトエクスプレスは、登場から20年近く(もっと?)経つのに

この1号車スイートルームはいまだに発売と同時に即売れてしまうほどの

超プレミアチケットのようです。


今では飛行機でのパック旅行に比べると夜行列車と言うだけでも割高なのに

このスイートルームは個室寝台料金だけで5万円強爆弾

なのに「乗りたくてもなかなか乗れない」んだそうです。


私も実は15年ぐらい前に北海道旅行に行った際に

(当然スイートではないですが)このトワイライトエクスプレス

乗ったことがありますexclamation×2


何とも贅沢な気持ちになり、「列車の長旅」などという疲れは全く感じず

とても素敵な時間だった記憶があります。


私自身も「いつかはスイートに乗ってみたい」と思っていましたし、

息子も(本に載っているスイートの写真を指差し)「これに乗りたいexclamation×2


というので、昨年の夏に奮い立って、J○B勤務の友人に

「何とかスイートのチケット取ってくれないかexclamation&question

とお願いしましたが

「それは無理やわわーい(嬉しい顔)

と笑顔で即却下され断念した記憶があります。あせあせ(飛び散る汗)


この日のスイートの乗客は・・・

と、乗るところを見てみると、

ヴィトンのでっかいバッグを2つほど抱えた中年カップルが

少し誇らしげに乗り込むところが見えましたぴかぴか(新しい)


そしてそのカップルの周りには数人のお見送りがexclamation×2

羨ましそうに見送っていましたわーい(嬉しい顔)


う〜ん、一度でいいから乗ってみたいexclamation×2


そんなことを思っていると気付けばもうお昼を過ぎています。

そろそろお昼ごはんか・・・ということで、

駅弁売り場へ。


この「9・10番線ホーム」は長距離列車の出発ホームなので

駅弁屋さんもあれば、ミニコンビニのようなものまでありますexclamation×2


そこで、お弁当とお茶を調達して、再度ホームの西端へ。


私は山菜おこわ、娘は柿の葉ずし、嫁と息子はおにぎり。


一番端のベンチでお弁当タイム揺れるハート

ここは乗客もほとんど来るところではないので

(この端まで列車は到着しないので)

乗客の邪魔にもならず、のんびり食べられます。


反対側のベンチには、おじいちゃんと孫が同じように

駅弁を食べてましたわーい(嬉しい顔)


おじいちゃんは孫に駅弁を食べさせながら

自宅へ電話をしているらしく、

「帰ろうって言っても帰れへんねんバッド(下向き矢印)

帰るの夕方になると思うわー(長音記号1)

ごはんexclamation&question今駅弁食べてるわあせあせ(飛び散る汗)

と少し困った様子わーい(嬉しい顔)

(5才ぐらいの)お孫さんはその横でご機嫌で

お弁当を頬張っていましたわーい(嬉しい顔)


そして我々が食べ終わってホームの端に移動すると

今度はそこのベンチに鉄道ファン風少年が

一眼レフカメラを横に置いてお弁当を取り出しました。

ふと見るとお手製弁当ですexclamation×2


お母さんが朝から作ってくれたんですね揺れるハート


この少年や、さっきの「おじいちゃんと孫」の他にも

鉄道ファン風の少年やおじさんが数人。

そして我が家のような親子連れが2,3組ホームの端にいました。


結構来るものなんですね。


ちなみに我々はこの後(息子が眠くなってくれたので)

ちょっとしてから帰りましたが、

この大阪駅には他にも特急列車は

タンゴエクスプローラー」や「文殊」「はまかぜ

なども来ますし、

本数はほとんどないですが、

ワイドビューひだ」や「ワイドビューしなの」といった

JR東海の特急もやってきます。


そして数は少なくなりましたが、

朝と夕方(夜)には夜行列車の「日本海」や「急行きたぐに」も

見ることが出来ます。


ちなみに隣の新大阪か、大阪環状線の西九条に行けば、

特急はるか」や「特急くろしお」「特急スーパーくろしお

そして前述の「オーシャンアロー」なども見ることが出来ます。


電車が好きなお子さんがいるなら

電車賃と駅弁代で済むリーズナブルな『旅行気分』を味わう遊び。


ぜひ試してみてくださいexclamation×2



右斜め下応援してください左斜め下
 人気ブログランキングへ

posted by 堺本部長 at 20:27| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西おでかけ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


人気ブログランキングへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。